2018/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
うたぷり・・いろいろすごかった・・
乙女ゲーやアニメ界隈でその名を知らぬ者はいない(と思う)うたのプリンスさまがVITA化されたということでわたくしめもいっちょやってみるか!!と思い手を出してみました。

いやーすごかった。
噂は聞いてたけどいろいろすごかった。

これの前に月影の鎖FDのVITA版をやってたせいで落差もすごかった。(これは自分の失態)

辛口が含まれると思うのでうたぷりファンの方は回れ右してね!!

まあとりあえず一十木 音也くんから始めてみたんですけどもここ何年かいろいろ乙女ゲしてきた中でこれほど
「他人の恋愛を見せつけられた」感を感じたのは初めて。
でもなんだろう・・・。この終わってみれば何も残ってないけど次に行きたくなるこの気持ち・・。
次はどんなのがくるんだ!!というこの気持ち・・。すんごく失礼なんだけどB級ホラーを見た後のようなこの気持ち・・。

二人の出会いが電車で痴漢から助けてくれるという少女マンガお決まりであろうと、そのあと名前入りのハンカチ(そんなの持ってる女子いるのか!)を拾ってくれたことであろうと、まあそんなことはこれから起こるであろうことに比べれば全然気にもならない。

この春ちゃん(主人公)は作曲家になるため難関を潜り抜け芸能専門学校「早乙女学園」に入学するんですがそこは「恋愛禁止」なんですよね。まあこれから芸能人しかもアイドル目指すならまあ普通ですよね。シャイニー早乙女(理事長)のキャラがぶっとんでいようとまあ設定は普通。

しかし音也くんは普通じゃありませんでした。完全なる暴走列車でした。巻き込まれ事故でした。

いつ好きになったのかわからないほど初めから音也くんの好感度MAXなので愛されたい女子は何一つ心配することはありませんがまあ、しいていえば「春ちゃんとラブしたいから校則かえてやるぜ!」
専門とはいえ卒業まで何年かあるのかと思えばたったの1年!!おい!我慢しろよ!!
別に両想いにならなきゃいいらしいのでなんとなく気持ちを確かめ合って卒業後にでもつきあえばいいだろう!!というBBAの穏便案は音也くんに届くことはなかった・・。

パートナーを組んで卒業試験に挑むにつれ抑えきれない音也くんのパッションは爆発し、気持ち確認してもいないのに、チューしようとしたり気持ち確認してもいないのに(2度目)いきなりみんなの前で好きだと宣言されて連れ出されたり本気で「やめてください」と絶叫させられました。
その後理事長に「かけだしアイドルが彼女持ちなんて人気でるわけない」という正論に「愛は必要だ!!」と反論する音也くん。
必要かもしれないがお前はこれからのファンをなんだと思ってんだよおお!!夢みさせてくれよおお!!
歌いたいだけならアイドルやめてミュージシャンもしくはバンドマン目指せよ!まだ恋愛ハードル低いからよー。
あ、ここまでで主人公は聞いてるんだか聞いていないんだかでボーっとしてる印象でした。唯一キスされようとして突き飛ばしたのはよくやった!と思ったけど連れ出されたときになんだか音也くんに流されちゃってるので強い川の流れには逆らえないよね。溺死だよねという感想しかない。

その後の理事長の課題、命綱なしで学校3階まで発生練習しながら登るとか、これはギャグなの・・?笑うとこなの?
一応落ちたら死ぬから止めるんですけど「これは俺のけじめなんだ!!(うろおぼえ)」とか音也くんが叫ぶからえ?死ぬことが?
とこっちの感覚も麻痺してきて主人公も「屋上で待ってる!!」とか言い出すからもうコント?どこに感動すればいいのか完全に迷子。そのうち気づけば猛獣と檻にいれられたり、あげく雪山でビックフットと戦うことになる音也くん。え?ビックフットってそんなに簡単にいるの?しかも春ちゃんはなんの根拠もなく「大丈夫」とか言ってるけど大丈夫じゃねえだろうよー。愛の力も限界ってものがあるだろうよー(絶叫)

そして何故か無事に帰ってきた(奇跡)音也くんに寂しかったらこれ見てとかいって首にキスマークつけられて心は無でした。
ここまで真顔でラブイベントを○ボタンで押し流したことはあっただろうか、いやない(反語)

なんだか真っ白に燃え尽きて(私が)気づけば卒業試験で優勝して理事長に認められ旅行いってちゅっちゅしてました。

恋愛エンドでは契約書という愛の誓いを読まされマジで「ひーっ」と絶叫した。そのあと耳にキスされ、なぜ耳に!!と声にならない悲鳴をあげ気絶した。

いやーすごかった。なにがすごいって全部すごかった。現実でバカップルのラブラブをみても「ほほえましいねえ」と思えるのに何だろう。音也君へのこのいたたまれなさよ・・。

健康診断のプリントミスで「余命1か月」とか勘違いイベントもあるんですけどそのイベント必要あった?

結局音也くんは受験の時春ちゃんに一目ぼれしてたわけなんですがその理由も微妙で・・雪の坂道を何度転がり落ちても頑張って歩く姿を見てって・・そりゃあ歩くだろうよ!受験会場が坂の上の学校なんだから!惚れる前に手を貸せ!!(何度目かの絶叫)

きっと音也くんは感情面が豊かで一緒にいると楽しい太陽系の男の子(せいいいっぱいのフォロー)なんでしょうが太陽も近づきすぎると灰になると確認させられた√でした。

これならば友情ENDでトキヤと3人でデビューしたほうがよっぽど楽しく心が平穏に過ごせました。



こんな辛口だけどもう突っこむとかそういうレベルじゃないので他のプリンス様はどこまでいってくれるんだとの怖いもの見たさでやめられません。完全に楽しみ方が逆になってますがこのまま灰になる所存であります。

あっ音ゲーは超楽しい。




スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

まいじい

Author:まいじい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。